1. 無料アクセス解析
お知らせ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【横浜市都筑区】 ワーキングママ集まれ~!

こんにちは!
家から100歩先は川崎市の、
横浜市最東に住むライターめぐみんです。

とはいえハマっ子には変わりないわけで…行ってきました!
先週末パシフィコ横浜で開催されたファミリーフェスタ!
みなとみらい…いいですねェ。
桜木町駅から動く歩道に乗って、港や帆船日本丸をながめていると
大人でもテンションあがってきますよね♪。
あ、でもその様子は近々ママニュースでたっぷりご報告しますので、
そっちを見てね

そんなわけで(どんなわけで?)、今日はハマとは何の関係もない
都筑区子育て支援センター「Popola」の
秋のおすすめ新企画 第2弾 のお知らせです!

昨年スタートした妊娠中のママたちを対象にした
チルコロマタニティクラブ」も大好評ですが…
今回は…そう!働くママさんたちのための
「ワーキングママクラブ」が始まるんです!

さすがは都筑ママたちの強~い味方「Popola」!
いろんな立場にいるママたちの目線で
子育てを応援してくれています♪

以下は、「Popola」HPからの抜粋です。
働くママたち、必見ですヨ!

『チルコロワーキングママクラブ2011秋』
全5回コース♪(第2・4土曜日)

活動日:10月8日(土) 10月22日(土) 11月12日(土)
    11月26日(土) 12月10日(土)
     ☆5日間とも10:30~12:00

家事と育児、そして仕事でおお忙しのワーキングママ!
同じ立場同士で、育児のことや、仕事との両立のこと、
ちょっとしたことのおしゃべりできる
”子育て仲間”ができたら、たのしいかも!

まずは説明会へ!

日時:2011年10月1日(土)11:00~12:00
会場:ポポラ コミュニティルーム
対象:都筑区にお住まいの・・・
    ・働いているママ
    ・産休・育休中のママ
    ・出産後も働く予定のマタニティさん
定員:親子12組
申込:参加したい方は、ポポラまで事前に予約してね。
    (電話予約、または直接スタッフへ)
問合せ:都筑区子育て支援センターポホラ
     TEL045-912-5135
申込期間:2011年9月13日(火)~9月30日(金)  
*日・月・祝日はお休み
*クラブに参加するかどうかは、
説明会に参加してから決めてもOKだよ。
スポンサーサイト

【横浜市都筑区】子育てサークル交流会がカフェになる?!

こんにちは!
暑さにめっぽう弱いアメーバめぐみんですが、
秋の気配を敏感にかぎつけ
ようやくのろのろと活動を始めております。

さてさて、都筑ママたちの強~い味方
子育て支援センター「Popola」(取材記事はコチラ)でも、
この秋またまた楽しい企画が登場します!

まず紹介したいのは、子育てママたちの強~い味方
「リトル・ママ」としては見逃せない

 ☆カフェ・子育てサークル交流会
 「おススメは、おいしいおしゃべり」

都筑区では毎年6月に「サークル交流会」(昨年のレポート記事はコチラ
を開催していますが、
限られた時間でなかなか話しきれないことも多く、
「もっともっとたくさん情報交換をしたい~」という声が多いそうです。

そんな中、今年の交流会で講師をしてくれた
「まんまるプレイパーク」さん(取材記事はコチラ)が、
「サークル活動に関わる人たちが気軽に集まれるカフェみたいな場を作ろう!」
と提案してくれました。

サークルに入っている人、
これから入りたい人、
サークルを作りたい人、
興味のある人

予約不要で、当日誰でも、気軽に自由に参加できちゃいます♪
もちろん子連れOK! ポポメイト さんによる同室保育もあるそうです!

めぐみんもさっそく初日におじゃまする予定です。
見かけたら声をかけてくださいね~!

 2011年9/16(金) 11/18(金) 2012 1/27(金)
 
 子育て支援センター「Popola」(センター北「あいたい」5F)
 コミュニティルームにて
 
問合せ先
子育て支援センター「Popola」
045-912-5135
http://www.popola.org/

【横浜市都筑区】今年も仙台から来てくれます!チボリ兄弟舎の紙芝居

諸事情により、しばらく細々と活動していた
都筑区・青葉区担当めぐみんです。
この度かろうじて復活を果たし、
愛車のママチャリ「流星号」とともに
また地元情報をお届けしていきますので、よろしくです~(^O^)/。

長かった夏休みも終わり、早ければ明日から始まる小学校もあるようですね。
ママ的にはホッと一息…といったところでしょうか~。

最後の締めくくりに、親子で昔懐かしい紙芝居を楽しみにでかけませんか?
昨年夏、横浜市歴史博物館で行われて大好評だった「チボリ兄弟舎」の紙芝居が、
今年もはるばる仙台から来てくれることになりました!

「チボリ兄弟舎」は仙台市に住むご夫婦のユニット。
すべてオリジナルの迫力ある紙芝居を披露してくれます。
被災後は紙芝居を再開するどころではなかったそうですが
「今年もぜひ!」というファンの熱い要望に応えて上演が決定!
今週末ですヨ、お見逃しなく!

日時:8月28日(日)
   11:30~、13:00~、15:00~(全3回)
場所:横浜市歴史博物館 エントランスホール
    横浜市都筑区中川中央1-18-1

横浜市都筑区 「みんなのキッチン」で被災地支援ランチ開催!

私は別に松山千春のファンではないのだけど
(若いママたちに「ちーさま」といっても通じないだろうなあ(^_^;))
今回の震災で彼が言った言葉にはとっても共感しました。

『知恵がある奴は知恵を出せ
 力がある奴は力をだせ
 金がある奴は金を出せ
 何にも出せない奴は元気出せ』

てなわけで、地元各地で様々な被災地支援イベントが
元気に開催されています。

横浜市都筑区「みんなのキッチン」では
(「みんなのキッチン」の記事はコチラ
4月15日(金)
地元の料理の先生やスタッフたちがボランティアで
「おばんざいランチ」を提供!

経費を除き、売上は被災地への募金となります。
みんなで食べにいきましょう!

チラシ被災地支援ランチ

支援物資の送り方!

ここでも紹介した気仙沼で震災に合われた方たちに、
ようやく支援物資を送ることができました。

個人の支援物資は
行政では受け入れをしていないか、
受け入れても人出が足りなくて
現地にまで届かないのが現状のようです。

また、特に古着などは、阪神大震災の時に
「ここはゴミ捨て場ではない」と不愉快な思いをされた方もたくさんいて、
送っていいものかどうか迷っている人も多いですよね

けれど、阪神大震災の時との決定的な違いは「津波」です。
家を流された方たちは、文字通り裸一貫からのスタート。

今回は気仙沼で復興活動をしている民生委員の方からの連絡により、
「多少古くてもなんでも!」という
現地の要望に沿った物資を
直接自治会館に送ることができました。
(もちろん道路が開通したからできたことです。)

現地で今足りないのは
衣類・靴(特に長靴)・カッパなどを中心とした生活用品すべて。
特に衣類は性別・年齢を問わず不足しているとのことです。
古着・靴だけでなく、オーブントースター、石鹸、食器、下着、シーツ…
思いつく限りの生活用品をつめて
ちょっとしたフリマ状態。
大段ボール5箱になりました。
支援物資2

ムスメたちの、現地の子ども達への応援メッセージも添えて。

ママ友達にも一斉メールを送り、
直接現地に送ってもらうよう協力してもらいました。


募金はしてみたものの、それがどのように現地に届けられているかわからず、
地域によってはお金はあっても物資自体がなくて買うことができない。

被害の状況、ライフラインの復旧状況など、
今必要としている物資はその地域によって違ってきます。

一番確実なのは、現地に知り合いがいる人から
物資を送れる場所、必要なものを聞いて
個別に対応していくことでしょうか。

今回お送りした先を公開したいのは山々なのですが、
そのために1カ所に集中してしまうと、
それはそれで大変なことになりそうなので
あえて公表しません~(>_<)。

少しでも力になれますように!


横浜市都筑区担当ライター めぐみん

Appendix

プロフィール

東京ママライター

Author:東京ママライター
--since 2007.5.21--
子育て総合支援サイト「リトル・ママ東京」


最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。